仮想通貨やICOをはじめとした金融情報を取り扱っております。

アメリカ国境警備隊ブロックチェーンを使用

NO IMAGE

アメリカ国境警備隊、輸入証明書の認証にブロックチェーンを使用

アメリカ税関と国境保護は、北米自由貿易協定と中米自由貿易協定の
証明書を検証するためにブロックチェーン技術を使用する予定であることを
発表しました。

詳しい記事は【こちら

あららしい実験によると、
輸入品が、輸出国から輸入された証明をし、
サプライヤーがアメリカ輸入事業者に準拠していることを確認
するためのブロックチェーンプラットフォームを開始する予定。

ビジネス変換とイノベーションの国境保護(CBP)事業部門帰任者、
Vincent Annuziato氏は、同社が将来の準備と
市場導入の拡大を目指す9月の開始に先立ち、このパイロット運用をしていると述べた。

アトランタCBPの2018年の貿易シンポジウムで話している間、

政府が行おうとしていることは市場の採用を増やすための健全な
方法絵のつながりを助けることです。もう一つは、民間産業が始まる時に
備えて積極的に準備し、この技術で真の可能性が広がるでしょう、

とVincent Annuziato氏はいいました。

あららしいシステムが起動されるおモバイルアプリで利用可能になり、
検証に使用される通貨用紙ベースのプロセスに変わります。

Vincent Annuziato氏は商業税関運営諮問委員会(COAC)の最新情報を
2017年11月に作成し、財務省と国土安全保障局に商工業の業務について
助言するための特別グループを設け、このグループは現在、
「IPライセンシーとライセンサーの間の知的財産を検証するためのブロックチェーンを活用する概念実証演習」に取り組んでいます。

例えば、A社にライセンスを付与する権利保有者がいる場合、
A社にライセンスを与える権利も付与されていますか?

という質問に対し、

「何が起こっているか世代別にフォローでき、政府は企業との関係を見ており、
権利保有者にとって価値のあるベンチャー企業だと考えている」と付け加えました。

国境保護(CBP)の他の計画には、ブロックチェーンを活用して商標やIP審査の目的を
検証するアプリを構築することが含まれます。

当局の目標は、アメリカ税関運営のための紙ベースのプロセスの排除です。

「オーストラリアの政府が私に何かを送っていることを知っているならば、
なぜ、絶対署名しなければならないのだろうか?
疑いの余地なく、それがオーストラリアかフランスかスイスかを知ることができるだろう」と結論づけました。

国境保護(CBP)委員長もシンポジウムで同期間が民間セクターのパートナーや
国土安全保障科学技術局の部署と協力し、ブロックチェーンの相互運用基準に
取り組んでいることを確認しました。

関連ニュースカテゴリの最新記事