仮想通貨やICOをはじめとした金融情報を取り扱っております。
ドイツの証券取引所がICO向けのプラットフォームを開発する

ドイツの証券取引所シュトゥットガルトが
ICO向けの新規プラットフォームと仮想通貨の
多国間取引所の開発計画を発表しました。

詳しい記事は【こちら

ドイツの証券取引所はすでに暗号化された
投資の公的な無料アクセスを提供する、バイソンと呼ばれる
新しいアプリの発売を準備しています。

次の動向は、それがプライマリ市場とセカンダリ市場に
拡大することを見ています。

ICOプラットフォームは季語湯の資金調達や、権利と資産の表現のために、
デジタルトークンの発行を可能にする。

同時に取引所は暗号化のための、多国間および
規制された取引会場を設立しています。

シュトゥットガルトのCEOアレクサンダー・ヘプトナーは
「ICOプラットフォームを介して発行された取引所トークンは、
流通市場で取引することができます。暗号通貨との取引のための
規制された、信頼できる環境のための機関投資家。
BitcoinやETHのような確立された暗号通貨も取引され、
完全なサービスインフラストラクチャーは安全な保護のための
ソリューションによってサポートされるでしょう。
これを基盤に、デジタル資産のバリューチェーンに沿って、
一堂に集まるサービスを提供できます。」

と述べています。

仮想通貨だけではなく、複数の国際的な証券取引所が
自社の事業における効率性とセキュリティを向上させるための
基盤となるブロックチェーンを目指しているようです。

関連ニュースカテゴリの最新記事