仮想通貨やICOをはじめとした金融情報を取り扱っております。

イギリス食品基準庁 食肉検査のためBC利用

NO IMAGE

イギリスで食品安全性を監視する食品基準庁は
ブロックチェーンを利用したサプライチェーン監視システムの
パイロットプロジェクトが成功したことを発表した。

このパイロットプリジェクトは匿名の牛の食肉処理場で
製造された肉を追跡し、サプライチェーン全体を通して
より高い透明性をもたらしたと報告されています。

このプログラムでは、食肉処理場と食品基準庁両方から
提供されたデータを追跡。

食品基準庁の情報管理部のシアン・トーマス氏は声明の中で、
食品基準庁はブロックチェーンの技術は食品産業の一部に実質的な
価値を加えるかもしれない、と考えていることを述べた。

また、
食肉処理場が特別に選ばれた理由について、
そこでの業務が多くの検査と結果称号を必要とするからだと語った。

続けて、

私たちのアプローチの方法は、論理を現実にし、標準を産業と一緒に開発すること。
そして今回、ブロックチェーンが食品産業のこの領域で実際に役立つと示すことができ、
大変喜んでいる。
現在、このアプローチ方法を拡大、発展させるために、産業と政府が互いに協力する
絶好のチャンスだと考えている。

と語った。

今回のプロジェクトに続き、農家や家畜データへのアクセスを与える追加プロジェクトが7月に行われる模様。

ブロックチェーンは、サプライチェーン分野で勢いを増しています。
商品管理を簡略化し、効率を向上させる可能性を秘めています。

様々な企業がブロックチェーンを活用し、世界中のサプライチェーン上で
食品を追跡できるシステムの開発に取り組んでいるそうです。

関連ニュースカテゴリの最新記事