仮想通貨やICOをはじめとした金融情報を取り扱っております。
仮想通貨交換業者6社に業務改善命令

金融庁は仮想通貨交換業者の登録業者6社、
ビットフライヤー、テックビューロ、BTCボックス、ビットバンク、QUOINE、ビットポイントジャパン
に対し、改正資金決済法に基づき、業務改善命令を出したことを発表しました。

各社への立ち入り検査の結果、マネーロンダリング帽子の体制、
内部管理体制などで不備が確認されたため、業務改善命令が出されました。

金融庁はこれまで、15社に行政処分を出しています。

ビットフライヤーは10項目にわたる対応が求められており、
その項目には「経営管理体制の根本的な見直し」も含まれています。

コストを抑えることを優先し、内部監査を含めた内部管理体制を整備していないこと、
監査など委員会および取締役会が牽制機能を発揮していない、
登録審査に関して同庁へ事実と異なる説明を行うなど、
経営管理体制に問題が認められたそうです。

テックビューロは改善状況を定期的に確認する中で、
システム障害や多発する苦情、同庁が直面する経営課題い対し、
対応があ行われていないなど経営管理体制に問題が認められた模様です。

その他、顧客管理については、顧客の資産と会社の資産を同じウォレットで管理したり、
利用者が預けた金銭が帳簿上の残高を下回る事例が見つかった。

今回の処分の背景について、
仮想通貨交換業者はスタートアップやベンチャー企業が多く、
仮想通貨ブームによって想定を超えた大量の顧客が短期的に流入し、
仮想通貨交換業者側の受け入れ態勢が追いつかなかったことが
原因だと伝えております。

信頼回復のため一刻も早く自主規制機能を確立し、利用者保護と、市場整備を推し進めるとともに、速やかに各社の業務改善をする、と述べています。

関連ニュースカテゴリの最新記事