仮想通貨やICOをはじめとした金融情報を取り扱っております。

ICOとは?[企業編]ーICOを導入したい企業様向けー

ICOとは?[企業編]ーICOを導入したい企業様向けー

ICOとは?[企業編]ーICOを導入したい企業様向けー

近年注目されている「ICO」を知っていますか?
これは仮想通貨を使った資金調達方法の一つです。

簡単に説明すると、

「新しい仮想通貨を利用した事業を行いたいから、
新しく発行した通貨を安くプレゼントする代わりに資金提供してくれー」

というものです。
資金は主にビットコインやイーサリアムで提供します。
イメージとしては、会社が株を発行して資金を調達することに似ています。

では、株を発行して資金を調達するIPOとは何が違うのでしょうか?
IPOは証券市場に新規上場し、株式を発行することで資金調達を行います。
このためには証券会社の協力が必要であり、
自社だけですべての資金調達を完結させることはできません。

また、投資家から資金調達を得るためには、
事業計画書や直近決算の開示する必要があります。

しかし、ICOではこうした作業が少ないため、
資金調達に伴うコストを大幅に引き下げることができます。
その他にも、株の様に配当をする必要や会社の所有権を発行する必要がありません。
調達範囲に関しても、インターネットを通じて世界中から24時間365日可能です。

ICOは理論上、
小さなベンチャー企業や個人でもICOをする事が可能なので、
アイディアはあるけど資金がなかったり、
新しいことに挑戦してみたい方が資金調達する手段の一つになります。

また、投資家側としても世界中の将来性のあるプロジェクトに直接参加ができる為、
投資機会を増大する事ができる上に、投資金額も円換算1万円からなど少額から始める事ができます。

投資をしたコインが取引所に上場すれば価値が急上昇し、
大きな利益を得ることもできます。

また、収益だけでなく、公益性の高いプロジェクトに投資する事もできます。
但し、ICOにはメリットばかりではありません。

投資が簡便である反面、投資家側を保護するルールが未整備です。
実際に詐欺案件横行も多数ある為、非常にリスクの高い取引であり、
投資家は自己責任で行うことを肝に銘じなければなりません。

ICOの手順、具体的な仕組みとは?

ICOを行う為には、大きく分けて4工程が必要になります。

1.ホワイトペーパーの作成

ホワイトペーパーとはICOの目的やプロジェクトの詳細が書かれた仕様書の様なものになります。
プロジェクトはこのホワイトペーパーに沿って行われますし、
投資家もホワイトペーパーを見て投資をするかしないかの判断を行いますので、
ICOの4工程の中でも非常に重要な工程になります。

また、ICOはグローバルに行われますので、
日本語だけでなく、英語や中国語など多言語で用意する事も大切です。

2.技術開発

ホワイトペーパーに沿ったプロジェクトを実現するために根幹となるスマートコントラクトを設計します。
通貨が確実に発行できる体制づくりとセキュリティ面にも注意します。
その他、宣伝用のWEBサイトの開発等も行います。

3.販売

ここでは、発行する通貨の価格やどの通貨で資金を集めるのかを検討します。
また、投資家と交渉する場を設けたりプレセールについて考案します。

4.PR活動

ICOを成功させるには「PR活動」が重要になります。
「実績が少ない」=「潜在的可能性がある」、
「社歴が浅い」=「先進的な事業に意欲的」といったポジティブなことばを駆使し、
「投資に値すべきバリューの高い企業」というイメージを確立させましょう。

以上、4工程ありますがどれか一つが疎かになってもICOは成功しません。
ICOを行う際には全工程に注力しましょう。

ICOの成功事例

事例1 「Brave」

2017年6月にICOを実装し、募集開始から30秒で3,500万ドルの調達を行った。
元々知名度と話題性を兼ね備えていた面もありましたが、
ICOの最大のメリットである「迅速な資金調達」を具現化した好事例といえるでしょう。

事例2 「COMSA」

日本で一番資金を集めたICOです。
日本で3大仮想通貨取引所に数えられているZaifが行いました。
募集開始の数日はサーバーが不安定で酷評も多々出ましたが、
終わってみると100憶以上を集めていました。

結果だけを見れば大成功と言えるでしょう。

最後に

現状では問題も散見され、
国によっては規制を掛けられているICOですが、
資金調達の新たな手法としてはとても大きな魅力があります。

仮想通貨が浸透していくと共に、
法整備や周辺環境が整備されれば発展していく可能性は大いにあります。

アイディアはあっても信用がなく借り入れができなかった人や
新しいことに挑戦していきたい人の背中を押す手法になる事でしょう。

また、ICOは「投資」という側面だけでなく、
「その事業を応援する」「事業理念に共感して募金する」という性質も兼ね備えています。

ICOを使って新しい経済圏を作り出せばより
グローバル化が進んでいくことでしょう。ICOで世界経済に参加しませんか?

仮想通貨情報カテゴリの最新記事