仮想通貨やICOをはじめとした金融情報を取り扱っております。
取引所の開設方法

取引所とは?

仮想通貨を始めるには、まず仮想通貨取引所の登録から。
取引所とは、イメージしやすいところで例えると銀行です。
日本円などの法定通貨をビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に交換できたり、所有している仮想通貨を預けておくことができます。
※取引所に預けているからと言って安心とは限りません。管理はあくまでも自己責任で。

その他にも、取引所によっては仮想通貨を担保に融資を受けることができたり、扱っている仮想通貨の種類に違いがあったりしますので、自分のニーズと合う取引所を探してみましょう。

取引所ってどのくらいあるの?
日本で取引所の運営を行おうとすると金融庁の認定を受けなければなりません。
現在(2018年2月13日)、金融庁の認定を受けている業者は、

①株式会社マネーパートナーズ
②QUOINE株式会社
③株式会社bitFlyer
④ビットバンク株式会社
⑤SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
⑥GMOコイン株式会社
⑦ビットトレード株式会社
⑧BTCボックス株式会社
⑨株式会社ビットポイントジャパン
⑩株式会社DMM Bitcoin
⑪株式会社ビットアルゴ取引所東京
⑫エフ・ティ・ティ株式会社
⑬株式会社BITOCEAN
⑭株式会社フィスコ仮想通貨取引所
⑮テックビューロ株式会社
⑯株式会社Xtheta

の16業者あります。これ以外にもみなし業者や新規参入してくる業者も考えられますので、利用者の選択肢はますます増えていくことでしょう。

また、最近では海外の取引所も人気です。
有名なところとしては、

①Binance
②Bittrex
③KuCoin

などがあります。

海外の取引所の人気な点は、扱っているコインの種類の豊富さにあります。
日本の取引所では扱っていないコインがたくさんありますので、
「日本の取引所でビットコイン購入→海外の取引所に送付→ビットコインを目的のコインと交換」
としている人もたくさん居ます。

取引所の開設方法

取引所の開設は簡単で、ネット上で完結できます。
印鑑等も必要ありません。

取引所によって開設までの手順に若干の違いはありますが、大まかな流れは以下の様になります。
1.メールアドレス、パスワードを送信
2.記入したメールアドレスに届いたURLよりログイン
3.本人確認書類を提出(※郵送ではなくネット上でデータで送ります。)
4.登録した住所に届くはがきを受け取る

たったのこれだけです。
本人確認とはがきの受け取りに日数を要する為、実際に利用開始できるまで申し込み後、数日~1週間程度掛かりますが、作業としては20分もかからず終わります。はがきを受け取ることができれば仮想通貨の購入、送金等自由に行うことができます。

気軽に始められるところが仮想通貨のメリットですね!

仮想通貨マニュアルカテゴリの最新記事