仮想通貨やICOをはじめとした金融情報を取り扱っております。
仮想通貨とは!?

仮想通貨とは?

2018年に入り、バブルだと取り上げられたり暴落だと取り上げられている仮想通貨。

先日のコインチェックから580憶円分のXEMが抜かれた事件をニュースで見て、一度は仮想通貨の情報に触れた方も多いのではないでしょうか。

そもそも仮想通貨とは米ドルやユーロ、日本円などの法定通貨に対して、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことで、代表的な通貨はビットコインです。通貨といっても、法定通貨の様に実態はなく、インターネット上の数字の羅列でしかありません。しかし、世界中の人々がビットコインなどの仮想通貨に注目し始めていて、市場が急成長。億万長者がたくさん誕生しています。

このように投機としての魅力もありますが、仮想通貨の根本にもなっているブロックチェーンという技術や、お金のように使うことができるというところも「世界を変えるかもしれない」として注目を集めています。

仮想通貨が広がるとどうなるの?

仮想通貨が世界中に広がると、
・両替が必要なくなる
・送金が自由になる
・ネット上で資金を集めることができる
など「銀行」の役割を個人で行えるようになります。
これら以外にも想像もつかないサービスが登場してくることでしょう。

現在の法定通貨では外国でお金を使うときには両替をしなければいけませんが、仮想通貨が普及すると両替の必要がなくなります。仮想通貨専用のデビットカードも出てきていますので、決済のできるお店がより増えていけば現地の通貨を持つ必要がなくなります。

世界中に送金することも自由です。
通常、海外に送金しようとすると複数の銀行を通して多額の手数料と時間が掛かってしまいますが、仮想通貨を使えば早くて数分、遅くとも数時間で銀行に比べて手数料は格安です。

ICOと呼ばれる手法を使えば銀行に融資を受けなくても個人で資金を集めることが技術的には可能になります。より個の時代が進むのではないでしょうか?

仮想通貨にはどんな種類があるの?

仮想通貨はビットコインとそれ以外のアルトコインに分けられます。
アルトコインの中には、イーサリアム・リップル・ネムなど有名なコインの他、1500種類ほどがあると言われています。
中には詐欺まがいの通貨もありますので、注意が必要です。

それぞれのコインに
・情報を持たせることができる
・匿名性がある
・送金に特化している etc…
など特徴があります。

それぞれの特徴はまた他のページで紹介します。

最後に

仮想通貨は全てが自己責任の世界です。

売買・投機にしてもどの通貨がどのぐらい値上がりするかなんて誰にも分りません。どの通貨のどの技術がどの様に繁栄していくかなんて予想はしても確実に当てることなんてできないのです。FacebookやTwitter、チャット上には憶測で書かれた文言や価格を操作したい情報があふれています。その様な情報に惑わされずに、自分で情報を見つけ、判断をしていくことが大切です。

管理においても、二重のセキュリティをかけておく事はもちろん、コールドウォレットやホットウォレットなど複数の口座に分けておくことも非常に重要です。先日のコインチェックの事件においても、取引所を完全に信用せずに自己で管理しておけばさほど問題はなかったはずです。ネット上につながっている限り、盗難される状況はあると心がけておきましょう。

ただ、自己責任において管理をしっかりと行っていればこれほど夢のある技術はありません。
インターネットが登場した時と同じくらいのインパクトだと考えても問題ないでしょう。

2017年が仮想通貨元年と言われてからまだ1年しか経っていません。
勉強する部分も多いですが、まずは通貨を持てる状況を作りませんか?
 
 

仮想通貨情報カテゴリの最新記事